偉大な光宗(クァンジョン)!高麗王朝の基盤を作った4代王

優秀な逸材を世に出した制度

科挙はもともと中国の各王朝で採用されてきた官僚登用試験のことだ。
これを光宗は朝鮮半島でも大々的に導入しようとして、その整備に尽力した。
その結果、科挙は人材の活用という面で高麗王朝に大変革をもたらした。
それ以前は、豪族たちが重要な官職を独占していて、たとえ能力があっても豪族以外の人たちは頭角を現すことができなかった。




しかし、科挙の制度がきちんと整備されたおかげで、有能な人たちが日の目を見るようになった。
やはり、国をうまく治めていくためには、政治力に優れた逸材が欠かせない。その逸材を広く見つけ出したのが科挙であり、この制度があるおかげで、優秀な人たちが次々に世に出てきた。
それは、高麗王朝だけではなかった。
後の朝鮮王朝でも科挙の制度が重要視され、すべての高官たちは科挙に合格して出世を果たしている。(ページ3に続く)

光宗(クァンジョン)は果たして何をしたのか?

https://goo.gl/GRi2V8

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

https://goo.gl/MTYUqe

光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る