偉大な光宗(クァンジョン)!高麗王朝の基盤を作った4代王

 

高麗王朝を建国した初代王の王建(ワン・ゴン)の息子として4代王となった光宗(クァンジョン)。彼はイ・ジュンギが主演した『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』の主人公になり、改めて業績がクローズアップされている。

写真=韓国SBS公式サイトより

大胆な政策を実行

936年に朝鮮半島を統一した高麗王朝だが、初期の段階では様々な問題を抱えていた。特に、建国に協力した豪族たちが勢いを得て、王朝を脅かす危険要素となっていた。その中で、949年に即位したのが光宗だった。
即位当時の年齢は24歳である。
光宗は行動力に優れ、大胆な政策を実行に移した。




その象徴的なものが「奴婢按検法」だ。
この法律は、奴婢の解放に大いにつながり、高麗王朝を活気づかせた。そういう意味では、「奴婢按検法」は光宗の画期的な業績だった。
さらに、光宗は官僚たちの「服制」を決めたり、開京(ケギョン/現在の開城〔ケソン〕)を都として整備したり、様々な分野で指導的な役割を果たした。
そんな光宗の功績の中でも、後世に一番影響を及ぼしたのが科挙の導入だった。(ページ2に続く)

光宗(クァンジョン)は果たして何をしたのか?

https://goo.gl/GRi2V8

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

https://goo.gl/MTYUqe

光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る