甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

相次ぐ息子の死

一説によると、懿敬は昼寝の途中に悪夢にうなされ、そのまま死んでしまったと言われ
ている。
当時の人たちはそのことを聞いて、幼い端宗を殺した因果応報だと噂した。
さらに、世祖は晩年になって、重い皮膚病に苦しむようになった。
なぜ彼は皮膚病を患ったのか。
こんな噂が世間に広まった。
世祖は夢の中で顕徳(ヒョントク)王后からツバをはかれたのだという。この顕徳王后は端宗の生母である。




「よくも愛する息子を殺したな」
世祖の夢に出てきた顕徳王后は、鬼の形相で世祖にツバをはいた。
それが原因で世祖の顔に皮膚病が広がったという。
「まさか、本当に呪いなのか」
心を惑わせた世祖は、仏教に救いを求めたが、果たして安寧は得られたのだろうか。彼は1468年に51歳で世を去った。
彼の死後にも悲劇は続く。
世祖の後を継いで8代王になった二男の睿宗(イェジョン)も兄と同じく19歳で世を去った。
世祖の因果応報は、彼の死後も続いたのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
記事提供=「ロコレ」

ページ:
1

2

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る