トンイから徹底的な教育を受けた英祖(ヨンジョ)!朝鮮王朝全史21

公平な人材登用

反乱の大義名分を得るために李麟佐は、景宗の復讐という旗を掲げ、景宗の位牌に朝夕礼拝するようになった。
そして、16代王・仁祖(インジョ)の長男である昭顕(ソヒョン)のひ孫を新たな王として擁立すると、本格的な反乱を開始した。
李麟佐は大軍を率いて、首都である漢陽(ハニャン/現在のソウル)に向かって進軍を始めた。
それに呼応するように各地でも大規模な反乱が起こった。




しかし、政府軍が徹底的な反撃を開始して、反乱軍はしだいに各地で敗北を重ねるようになった。
結局、「李麟佐の乱」は失敗に終わった。
こうして英祖は自分の理想の政治を行なう環境を整えた。
彼はあくまでも、無駄な派閥争いを嫌った。
とにかく、公平な人材登用にこだわった。
そのおかげもあって、英祖の時代では無益な派閥争いが極端に減った。それは政治の安定を意味していた。

文=慎 虎俊(シン ホジュン)

英祖(ヨンジョ)とイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の悲劇!

痛恨の事件を語る英祖(ヨンジョ)/朝鮮王朝劇場3

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

https://goo.gl/KuZ7jN

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る