粛宗(スクチョン)はどんな国王だったのか

実務的な国王

元来、朝鮮王朝が国教として崇(あが)めた儒教は、商業を低く見る傾向があった。礼に基づいた精神世界を語ることこそが高尚とされ、物質的利潤を求めることは卑下されていた。
しかし、粛宗は民生の安定には商業の発展が欠かせないと考え、そのための制度を整えた。彼が断行した商業政策は、17世紀から18世紀にかけて庶民生活の向上に寄与したといえる。




さらに、粛宗は国防にも力を入れた。
辺境地域に城を築いて軍備を増強した。そういう姿勢が、異民族の侵略を未然に防ぐ働きをしたことは間違いない。粛宗は、歴代27人の王の中でも、強力な統率力をもった指導者の1人であった。
そんな彼でも大いに苦慮したのが「党争」だった。歴史を見れば、朝鮮王朝時代に国王は党争に悩まされたが、粛宗の治世時には高官たちが南人(ナミン)派と西人(ソイン)派に分かれて激しく争った。
お互いに相手をつぶすために手段を選ばず、宮中はおぞましい策略の巣窟(そうくつ)となってしまった。
ただし、粛宗はこの党争を逆に王権の強化に利用しようとした。(ページ3に続く)

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る