『王女の男』に登場する敬恵(キョンヘ)王女の生涯/前編

11歳の弟が即位

相手に選ばれたのは、名家出身の鄭悰(チョン・ジョン)である。当時は、結婚した王女は王宮の外に出なければならなかった。文宗は敬恵王女をとてもかわいがっており、娘のために王宮の近くにりっぱな屋敷を用意した。その屋敷で、敬恵王女と鄭悰は新しい夫婦生活をスタートさせた。
1年後の1452年、文宗は38歳で世を去った。覚悟していたとはいえ、敬恵王女の悲しみは大きかった。
王位を継いだのは、敬恵王女の弟でまだ11歳の端宗だった。王が幼い場合、王族の最長老女性が垂簾聴政(摂政のこと。王の後ろに掛けた簾の奥から政治を仕切ったことからこう呼ばれた)を行なうのが朝鮮王朝のしきたりだったが、端宗には母も祖母もすでにいなかった。




これは、端宗にとって非常に不利な状況だった。
もちろん、文宗の付託を受けた忠臣たちが端宗を補佐したのだが、端宗にしてみれば6歳上の姉に対する依存心が強くなった。端宗は心細い気持ちを払拭したくて、何度も姉の屋敷を訪ねるようになった。
それは、敬恵王女にとってもうれしいことだった。母の愛を知らずに育った弟の母代わりとして、敬恵王女は端宗を優しく見守った。(ページ3に続く)

『王女の男』に登場する敬恵(キョンヘ)王女の生涯/中編

『王女の男』に登場する敬恵(キョンヘ)王女の生涯/後編

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

世祖(セジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝9

文宗(ムンジョン)の不覚!朝鮮王朝の重大な事件簿8

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る