張禧嬪(チャン・ヒビン)の栄光と転落!朝鮮王朝三大悪女に迫る3

粛宗の怒りの王命

張禧嬪のもとを訪ねる回数がめっきり減った粛宗は、その代わりに、淑嬪・崔氏のもとを足しげく通うようになった。
その末に、淑嬪・崔氏は1694年に男子を産んだ。その子が後の21代王・英祖(ヨンジョ)である。
張禧嬪は王の寵愛を受けて王妃にまでなったのだが、その寵愛を失えば結果は見えていた。ちょうど政変が起きて、張禧嬪の後ろ楯となっていた南人派が力を失うと、張禧嬪の立場はとたんに弱くなった。ひんぱんに心変わりする粛宗は、今度は張禧嬪の降格と仁顕王后の復位を決めた。




王の決定だけに張禧嬪も逆らうことができなかったが、彼女は次の作戦を実行した。復位した仁顕王后を呪術的に殺そうとはかったのである。張禧嬪はわざわざ神堂を建て、仁顕王后の死を願って特別な祈祷を続けていた。
その呪いのせいかどうかはともかくとして、せっかく王妃に復位した仁顕王后は、病弱であったことがわざわいして1701年に34歳で世を去った。
その後に、淑嬪・崔氏の証言によって、張禧嬪が仁顕王后の死を願って呪術を繰り返していたことが暴露された。
粛宗は怒りの王命を出した。
「張禧嬪を死罪にせよ」
1701年、張禧嬪は42歳で死罪となった(張禧嬪が産んだ息子は1720年に景宗〔キョンジョン〕として即位した)。
彼女は、短い人生の中で栄光と転落の両極端を味わった。たった一度の人生とはいえ、その落差はあまりに大きかった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

張緑水(チャン・ノクス)の誘惑!朝鮮王朝三大悪女に迫る1

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)の画策!朝鮮王朝三大悪女に迫る2

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

粛清(スクチョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝7

淑嬪・崔氏(スクビン・チェシ)!張禧嬪のライバル

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る