世祖(セジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝9

相反する2つの顔

死六臣事件は、ハングルの創製にも関わった逸材の成三問(ソン・サムムン)が主導して世祖の暗殺を狙ったものだが、事前に発覚して数多くの関係者が処刑された。
不発に終わったこの事件は端宗にまで影響を及ばした。事件の元凶になったとされて、端宗は高い身分を剥奪されて“魯山君(ノサングン)”に降格となった。さらに、彼は僻地に流されたあと、死罪となってしまった。
かくのごとく非道な世祖だが、実は王としての業績を挙げれば、注目すべきことが多かった。




第一に挙げられるのは、国防力と北方開拓に力を入れ、国土の均衡した発展に貢献したことだ。また、土地政策を改革して国家収入を増やし、農業を奨励した。その一例として、王宮でも蚕の部屋が設置され、王妃たちも自ら養蚕を行なった。これが庶民に対する模範になったのである。
多くの書籍を刊行したのも世祖の業績だ。首陽大君の時代から兵書や仏教書の編纂に携わっていたし、即位後にも重要な教養書や実用書を自ら執筆している。また、後に朝鮮王朝の憲法になる「経国大典」の編纂を開始したのも、世祖の特記すべき業績である。
非道ながら王として有能だった世祖。相反する2つの顔を持った王であった。

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

世祖(セジョ)の非道!朝鮮王朝の重大な事件簿2

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る