奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

元の権力を握った皇后

奇皇后は、トゴン・テムルに寵愛されていることを武器に元での影響力を強めた。彼女は、自分を見出してくれた高龍普と結託して財政を手中に収めると、政治や人事に意見をするようになった。さらに、人事権を握った奇皇后は、自分と同じ地方出身の宦官を軍事の最高責任者に任命し、強大な武力までも手に入れた。
財政や武力を手にした奇皇后の次の目標は、息子のアユルシリダラを皇太子にすることだった。正妻であるバヤン・フトゥクが亡くなったわけではないので、周囲からは大きな反対が起こったが、彼女はその反対を押し切って、1353年に息子のアユルシリダラを皇太子にした。




元の実権を握っていた奇皇后の影響は高麗にまで伝わった。彼女は、父親である奇子敖に栄安王(ヨンアンワン)という王名を贈り、先祖3代を王として追尊した。さらに奇皇后の兄である二男の奇轍(キ・チョル)は、元の宰相職である参知政治(中国の唐代から明代まで存在した官職名)となり、三男の奇轅(キ・ウォン)は文官の中でも位の高い翰林学士に任命されている。
現代の韓国で、奇皇后は悪女として評判が悪い。その理由は、奇轍を中心とした奇一族が繁栄のために、農場や土地を強引に奪ったり、その住人を強制的に奴婢(ぬひ)にしてしまったりと、傍若無人な振る舞いをしたからだ。(ページ3に続く)

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1
https://goo.gl/uZrRCx

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝妖女物語1
https://goo.gl/GRFXrW

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

ページ:
1

2

3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る