『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典13「経国大典」

 

朝鮮王朝の基本法典が「経国(キョングッ)大典(テジョン)」だ。『オクニョ 運命の女(ひと)』を見ていると、この「経国大典」がよく出てくる。当時の政治と社会を治めた重要な法律集だったのである。

0014

30年近い歳月を費やして完成

「経国大典」は、どのように完成したのか。
最初は、1455年に即位した7代王・世祖(セジョ)の命令によって、すべての法を体系化する作業が始まった。




これは、簡単なことではなかった。国政を左右する重要な案件だけに、当時の専門家が総動員されて法整備を進め、基本法典が少しずつ作られていった。
結局、世祖の統治時代には完成せず、9代王・成宗(ソンジョン)が即位したあとの1485年にようやく「経国大典」が完成した。(ページ2に続く)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典14「王妃と大妃」

『オクニョ』が描くのはどんな時代?

『オクニョ』を作ったイ・ビョンフン監督の制作スタイルは?

尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る