イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の妻の孝懿(ヒョイ)王后とは誰か?

 

ドラマ『イ・サン』は、朝鮮王朝後期の名君と讃えられた22代王・正祖(チョンジョ/在位は1776~1800年)の一代記だが、同時に、王を取り巻く女性の立場を明確に見せてくれた作品であった。その中で、特に興味深かったのが妻の孝懿(ヒョイ)王后だった。

9歳で結婚

ドラマ『イ・サン』は、イ・サン(後の正祖)の父の思悼世子(サドセジャ)が、英祖(ヨンジョ/在位は1724~1776年)の怒りを買って米びつに閉じ込められている場面から始まる。結局、思悼世子は餓死してしまい、イ・サンが世子(セジャ/王の後継者)になっていく。
史実でいえば、思悼世子が亡くなったのは1762年でイ・サンは10歳だった。この年に彼は結婚して妻がいた。後の孝懿王后である。
彼女は9歳だった。
その当時、庶民は10代後半に結婚するのが一般的だったが、王族の男子の場合は10歳頃に妻をもらうのが当たり前だった。そういう意味では、イ・サンの結婚も王家の常識に沿っていた。




ただし、肉体的に成熟していないので、形だけの夫婦と言っていい。
イ・サンが即位して正祖になったのは1776年だった。
それにともなって彼の妻は孝懿王后となった。
(ページ2に続く)

『イ・サン』で描かれた正祖(チョンジョ)こそが真のリーダー!

正祖(チョンジョ)の命を狙った暗殺団が王宮に侵入した!

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

イ・サン(正祖)は即位直後に老論派(ノロンパ)を厳しく処罰した

実際に起こったイ・サン(正祖)暗殺未遂事件!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る