慶熙宮(キョンヒグン)/朝鮮王朝王宮探訪5

 

朝鮮王朝の「五大古宮」の中で一番規模が小さいのが慶熙宮(キョンヒグン)です。五大古宮の中では最も西側に位置しています。ここも、歴史に翻弄されて様々な運命をたどっています。

正門の興化門(フンファムン)

正殿に至る崇政門(スンジョンムン)




王朝創設者の威光

現在の慶熙宮がある場所には、もともと朝鮮王朝を創設した李成桂(イ・ソンゲ/初代王・太祖〔テジョ〕)の私邸がありました。王朝創設者の威光は絶大で、私邸は聖地のように大切に扱われていたのです。
さらに、15代王・光海君(クァンヘグン)の時代に大々的に改修されて離宮となりました。慶熙宮と呼ばれるようになったのは1760年からで、その後も多くの王族が重宝していたのです。
不運にも1829年に火事にあって大部分を焼失してしまいますが、1831年に再建されています。
(ページ2に続く)

景福宮(キョンボックン)/朝鮮王朝王宮探訪1

昌徳宮(チャンドックン)/朝鮮王朝王宮探訪2

昌慶宮(チャンギョングン)/朝鮮王朝王宮探訪3

徳寿宮(トクスグン)/朝鮮王朝王宮探訪4

宗廟(チョンミョ)/朝鮮王朝王宮探訪6

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る