王の顔を引っかいた廃妃・尹氏(ユンシ)

 

9代王・成宗(ソンジョン)は、王として実に多くの業績を残している。しかし、女好きがたたり、多くのトラブルも起こしてしまった。その筆頭が、廃妃・尹氏(ユンシ)との問題だった。

仁粋大妃の忠告

成宗は1469年に12歳で即位すると、7代王・世祖(セジョ)の功臣の娘を妻に迎えた。一種の政略結婚だが、成宗は美しくない妻を愛することができなかった。
しかし、成宗の妻は即位5年でこの世を去った。すると彼女との間に後継者をもうけられなかった成宗は、美しい容姿を持つ尹氏を正室として迎えた。
彼女は成宗の希望どおり息子を産んだ。この息子こそが後の暴君となる燕山君(ヨンサングン)である。
もとから嫉妬深くわがままだった尹氏は、後継者を産んでどんどん傲慢になっていった。彼女は成宗に近づく自分以外の女性たちに、執拗な嫌がらせを繰り返した。そのため、彼女の評判は最悪だった。




尹氏の横暴に耐えられなくなった宮女たちは、成宗の母だった仁粋(インス)大妃に助けを求めた。
仁粋大妃は成宗に対して、尹氏の悪行を追及して少し距離を置くように話した。
(ページ2に続く)

燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝11

燕山君(ヨンサングン)の母は朝鮮王朝で初めて廃妃になった元王妃!

燕山君(ヨンサングン)の暴力で命を縮めた仁粋(インス)大妃!

朝鮮王朝実録が記した燕山君(ヨンサングン)の追放と中宗(チュンジョン)の即位!

中宗(チュンジョン)は不本意な王だった

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る