警察官の朴文秀(パク・ムンス)

王の信頼が厚かった

朴文秀の家柄は代々続く名門だった。
いわば、彼はエリート中のエリートだった。
朴文秀が官職に就いていた時、朝廷内は大きな混乱に包まれていた。21代王・英祖(ヨンジョ)の下で、臣下たちが二つの派閥に分かれて争っていたのだ。
そうした情勢の中で、明るく気の回る朴文秀は、英祖が気が許せる数少ない人物の1人だった。
王の信頼を集める朴文秀も党派争いに巻き込まれ、一時的に朝廷から追い出されたこともあった。
朴文秀は3年間、地方での公務に励みようやく朝廷に戻ることができた。このことを英祖は誰よりも喜んでくれた。




当時、英祖には頭を抱える問題があった。それは、自分の目の届かない地方にいる役人たちの不正であった。英祖はそれらの実態の調査に、自身が最も信頼していた朴文秀を指名した。
こうして朴文秀は暗行御史としての活動を始めた。
(ページ3に続く)

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る