非道な王位強奪を強行した世祖(セジョ)

 

朝鮮王朝最高の名君と称された4代王・世宗(セジョン)の長男が世子(セジャ)となり、二男の首陽(スヤン)大君には王になる望みがなかった。しかし、野心家の彼はあきらめなかった。その末に、起こったのが王位強奪事件であった。




甥を脅かした叔父

世子は1450年に即位して5代王の文宗(ムンジョン)になったが、わずか2年3か月の在位で亡くなった。
学識に優れていた上に温厚な性格だったので、その死を誰もが惜しんだ。
後継者は文宗の長男で、1452年に端宗(タンジョン)として即位した。
まだ11歳だった。文宗は亡くなるまで端宗のことを心配していて、しっかり守ってくれるように側近たちに頼んでいた。
その側近たちがもっとも警戒したのが首陽大君だった。彼は幼い王を補佐するという名目で、王権にことごとく干渉してきた。
そして、ついに「陰謀の嫌疑あり」という理由で端宗の側近たちを次々に殺害。端宗に対しても強圧的な態度を取ってきた。
24歳も上の叔父におどかされて、ついに端宗は首陽大君に王位を譲らざるをえなくなった。こうして首陽大君は1455年に7代王の世祖(セジョ)になった。




しかし、世祖への風当たりは強かった。
「泥棒のように王位を奪った」
世間ではみんながこう噂した。
(ページ2に続く)

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

首陽大君(スヤンテグン)〔世祖(セジョ)〕が開いた秘密会議!

世祖(セジョ)の非道!朝鮮王朝の重大な事件簿2

世祖(セジョ)!甥から王位を奪った国王

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る