なるほど韓国30「招待されない人も結婚式に続々とやってくる」

 

こんなエピソードがある。スピード違反で検挙された人が、警察官から「今度結婚式を挙げるんだけど、出席してくれるなら大目に見てあげる」と言われたそうだ。見ず知らずの警察官がそんなことを言うとは?

必死に参列者を集める

信憑性はわからない。しかし、この話を聞いた韓国の人が思わず納得してしまうほど、韓国では「結婚式には大勢出席すればするほどいい」と考えられてきた。
さすがに、時代は変わってきたが、それでも「たくさんの人に結婚式に来てもらうほど、結婚する2人は幸せになれる」という風潮は変わらない。
たとえば、韓国の結婚式で招待状を送る際には、仮に500人から出席するという返事をもらっても、実際には700人くらいが来ると読んで準備をする。出席の返事をしていなくても急に来たり、招待していないのに来たりするからだ。
また、招待を受けた人が、「今度の日曜日に予定がないなら、一緒に結婚式へ行こうよ」と気軽に友人を誘って結婚式に出席することもある。




日本の場合、結婚式・披露宴ともにホテル内の会場で行われることがよくあるが、韓国ではキリスト教が浸透していることもあり、教会で式を挙げる人が多い。また、礼式場(イェシッチャン)と呼ばれる結婚式専用の会場も多く利用されている。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国28「済州島の海女はいつもたくましい」

なるほど韓国29「韓国は極端な少子化社会になった」

なるほど韓国31「今までは「割り勘」の習慣がなかった」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る