なるほど韓国12「ドラマの放送事故」

テレビドラマの有名な監督も早撮りを求められる




「始めれば半分」

なぜ韓国では、俳優や制作陣が助かる事前制作をやらないのか。
ひとえに制作費の問題である。
日本のように事前制作をやると、俳優やスタッフの拘束時間がとても長くなる。それだけ余計に報酬が必要というわけだ。
もう1つは、韓国人の性格が関係している。なにごとも直前にならないと始めない、という国民性がある。「始めれば半分」ということわざが幅をきかせているのが韓国という国なのだ。
これは「始めてしまえば半分終わったも同然」という意味だが、日本なら「八割終わってもまだ半分」と考える人が多いのではないだろうか。日本に事前制作が多くて、韓国にないのはお国柄も関係しているのだ。
こうした制作スタイルの違いは内容にも影響を与えている。
日本では放送時にあらかた撮影を終えているので、ドラマの評判がどうであろうと、内容を変更することはできない。




しかし、韓国では生放送に近い形でドラマが放送されるので、視聴者の意見によって迅速に内容を変更できる。それだけ、ドラマの展開が視聴者の意向に左右されるわけだ。
臨機応変と言えば聞こえはいいが、要するにプロデューサーも監督も視聴者の顔色に敏感にならざるをえない。その結果、シナリオの書き直しも行なわれ、その度に撮影現場が混乱する。
(ページ3に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国10「女子プロゴルフが強い理由」

なるほど韓国11「韓国でタクシーに乗る」

なるほど韓国13「韓国では街にお寺がない」

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る