なぜ景福宮(キョンボックン)は273年間も放置されたのか?

再び焼失する恐れ

もちろん、景福宮の再建計画もあるにはあったが、財政の問題がネックになっていた。しかも、景福宮の位置が不吉だという意見が亡霊のように残っていた。つまり、南側に火を起こす気脈が満ちている、というわけだ。
「たとえ再建しても、再び焼失することになったら……」
それが恐ろしくて再建に踏み切れなかったと思われる。それによって、景福宮は273年間も放置されたのである。




1865年、26代王・高宗(コジョン)の父親で最高実力者だった興宣(フンソン)大院君は、混乱する内政の中でも、王家の権威を取り戻すために景福宮の再建を無理に進めた。
結果的に、無謀な工事で民衆の税負担が飛躍的に増えて、朝鮮王朝はさらなる衰退に陥ってしまった。
景福宮もそのまま放置しておいたほうが、王朝にとっては財政的な重荷を背負わなくて済んだのだろうが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る