光海君(クァンヘグン)と仁穆(インモク)王后はなぜ激しく対立したのか

骨肉の争い

仁穆王后が産んだのが、王女の貞明(チョンミョン)公主と嫡子の永昌(ヨンチャン)大君である。
1606年に永昌大君が生まれてから、宣祖は世子を光海君から永昌大君に代えたいと思っていた。
もし宣祖がもっと長生きしていれば、次の国王は間違いなく永昌大君だった。
しかし、宣祖は1608年に56歳で世を去ってしまった。
この時点で、永昌大君はまだ2歳である。この年齢で王になるのは無理だ。
そのことは仁穆王后も認めざるをえなかった。
結局、仁穆王后の了解を得たうえで、15代王として光海君が即位した。




光海君と仁穆王后を比べると、年齢は光海君のほうが9歳上。しかし、形のうえで、仁穆王后は王である光海君の母なのだ。つまり、大妃(テビ)なのである。
仁穆王后としては、正室として宣祖の王子を産んだという自負がある。それだけに、息子に該当する光海君が大妃である自分を相応に厚遇すると思っていた。
だが、現実はまったく違った。
光海君を支持する派閥は少数派だった
それゆえ、彼は即位後も強いあせりを感じていたはずだ。結果的に、側近たちの陰謀を止められず、兄弟たちと骨肉の争いを起こした。
兄の臨海君は1609年に殺害され、永昌大君も1614年に命を奪われている。
(ページ3に続く)

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名から名君へと評価が一変した国王

光海君(クァンヘグン)の妻の柳氏(ユシ)は不名誉な廃妃(ペビ)となった!

仁穆(インモク)王后!光海君への復讐に燃えた王妃

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

仁穆(インモク)王后は仁祖(インジョ)に光海君(クァンヘグン)の斬首を主張!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る