光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

 

14代・宣祖(ソンジョ)の継妃であった仁穆王后。彼女は、宣祖の後を継いで即位した15代王・光海君によって、父親と息子の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺され、自分も娘の貞明(チョンミョン)公主(コンジュ)と一緒に西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉された。恨みは骨髄に達していた。そんな仁穆王后がついに復讐を果たす日がやってきた。

綾陽君は西宮(現在の徳寿宮)の門の前でひれ伏して、仁穆王后の許しを得ようとした

綾陽君は西宮(現在の徳寿宮)の門の前でひれ伏して、仁穆王后の許しを得ようとした

クーデター軍の完全勝利

仁穆王后の復讐を手助けしたのが、宣祖の孫で光海君の甥であった綾陽君(ヌンヤングン)だった。
彼も弟の綾昌君(ヌンチャングン)を光海君の一派によって殺されている。そういう意味では、綾陽君も光海君にとても強い私憤を持っていて、彼は同志を集めてクーデターを起こした。




それが、1623年3月13日だった。
光海君は油断していた。
虚をつかれた彼は、王宮から逃げ出すのが精一杯。結局、用意周到にクーデターを準備した綾陽君の完全な勝利となった。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(後編)

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名を着せられた隠れた名君

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る