一族を滅ぼされた元敬(ウォンギョン)王后/朝鮮王朝人物列伝特選18

 

元敬(ウォンギョン)王后は、初代王・李成桂(イ・ソンゲ)の五男である芳遠(バンウォン)の妻で、夫を王にするために大きな働きをした女性だ。しかし、そんな彼女の人生は幸せなものではなかった。




朝鮮王朝一の功労者

1365年に高麗王朝の名門の家に生まれた元敬王后。彼女は、1382年に李成桂の五男である芳遠と結婚するが、それは朝鮮王朝建国のために有力な後援者を探していた李成桂が進めた政略結婚だった。
2人の夫婦仲は良く、力を合わせて朝鮮王朝の創設に尽力した。その甲斐あって1392年に朝鮮王朝が建国された。以降、芳遠は王の後継者となるために血のにじむような努力を重ねていく。
夫を王にしようと惜しまず協力した元敬王后。彼女は、政敵の急襲を芳遠に知らせたり、用意しておいた武器を渡してクーデターを成功に導いたりした。元敬王后ほど、夫を王にするために大きな働きをした王妃は他にいない。「内助の功」で言えば元敬王后が一番の功労者だった。
1400年に芳遠は3代王・太宗(テジョン)となり、元敬王后は王妃となった。しかし、2人の夫婦仲は、それまでの仲の良さが嘘のように冷え切ってしまう。




このとき、太宗には12人の側室がいた。彼は側室のもとにばかり通うようになり、元敬王后を敬遠し始めたのである。そのことに耐えられなかった元敬王后は太宗を批判した。
太宗が元敬王后を冷遇した理由は、「王朝を存続させるためには、外戚の力を弱める必要がある」と思っていたからだ。その対象になったのが元敬王后の実家である。太宗は、元敬王后の兄弟たちが大出世を果たしたことを脅威に感じていた。そのため、彼は1410年に王妃の兄2人と弟2人を処刑して、元敬王后の実家を没落させてしまった。
そのような悲劇を受けて、立ち直れないほど落ち込んだ元敬王后は、太宗に激しい憎しみを抱いた。
太宗の側近たちは元敬王后の廃妃を主張したが、彼は息子を4人も産んでくれたことや王になる過程で自分を支えてくれたことを高く評価していた。




元敬王后が産んだ息子は、長男の譲寧(ヤンニョン)大君、二男の孝寧(ヒョニョン)大君、三男の忠寧(チュンニョン)大君、四男の誠寧(ソンニョン)大君だ。
朝鮮王朝には「王の後継者は長男がなる」という決まりがあった。そのため、長男の譲寧が王の後継者に指名されるが、彼は頻繁に宮殿を抜け出すなどの行為を繰り返して後継者の座を剥奪されてしまう。さらに、二男の孝寧も僧侶となることで後継者の座を辞退した。それにより、幼いころからずっと本ばかり読んでいた聡明な三男の忠寧が王の後継者となった。
(ページ2に続く)

太宗(テジョン)!武力で王の座を勝ち取った国王

太宗(テジョン)の剛腕!朝鮮王朝の重大な事件簿11

イ・バンウォン/李芳遠は妻の元敬(ウォンギョン)王后の一族を滅ぼした

李芳遠(イ・バンウォン)は太宗(テジョン)になって何をしたのか?

最高の名君だった世宗(セジョン)/朝鮮王朝人物列伝特選15

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る