最高の名君だった世宗(セジョン)/朝鮮王朝人物列伝特選15

 

朝鮮王朝27人の王の中で、今も尊敬を集めている4代王・世宗(セジョン)。彼は、在位中にある大きな功績を残したが、いったい何をしたのだろうか。世宗の偉大さについて語っていこう。
pGeoMOeYF7NiJSF1465431911_1465431939




幼いころから聡明だった

朝鮮王朝3代王・太宗(テジョン)の三男として生まれた忠寧(チュンニョン)。朝鮮王朝時代は、原則的に長男が後継ぎとなるのだが、忠寧には兄が2人いたので、もともと王になれるはずがなかった。しかし、これまでの王家の代替わりを見てみると、意外と長男が王になっている例は少ない。実際、太宗も五男でありながら王になった人物である。
そんな太宗には、自分の後継ぎを誰にするかという悩みがあった。原則を守るならば、後継ぎは長男の譲寧(ヤンニョン)だが、太宗は三男の忠寧に王としての資質を感じていた。そんな父親の考えに譲寧が気づいた。最初は戸惑いを見せた譲寧だが、「自分より頭のいい忠寧が王になれば国も安泰になるはずだ」と思った。すると、彼は無能を装うという大胆な行動に出た。
その結果、譲寧は陰で側近たちから嘲笑されるようになる。さらには酒浸りになり、王宮を抜け出しては放蕩を繰り返した。ついに、譲寧は王位を継承する権利を剥奪されてしまう。




二男の孝寧(ヒョニョン)は、兄の行動に驚きを隠せなかったが、「自分が父上の後を継ぐことになる」と思うと、一層勉学に励んだ。しかし、そうしていくうちに自分の限界を感じて、さらには兄である譲寧の行動の意図を理解したのである。その後の孝寧の行動に迷いはなく、弟の忠寧に後継ぎの座を譲り、頭をまるめて仏門に入ってしまった。
父と2人の兄に認められた忠寧の聡明さを示す、多くの逸話が残っている。
幼いころから本を読むことが好きだった忠寧。10代のときに長く病床に就いていたことがあったが、それでも本を読むことを止めなかった。見るに見かねた太宗は、側近に本をすべて隠すように伝えた。しかし、忠寧は屏風の裏にあった本を1冊引っ張り出して、それを何百回も読んだのである。
1418年、忠寧は4代王・世宗となった。実際に実権を握っていたのは父親の太宗だったが、まだ若くて経験の足りなかった世宗にとって、悪いことではなかった。そして、1422年に太宗が世を去って、世宗は正真正銘の王となったのである。
もともと聡明だったうえに、経験を積んで実務にも慣れた世宗は大いに力を発揮した。類まれなる指導力は政治や経済、文化や社会など幅広く及んだ。




世宗は、王に集中していた権力を分散させ、後継ぎにも一定の権力を与えた。その理由は、王に不備があった際に混乱が起きないようにするためだった。彼はとても国民を愛し、臣下の者たちを信頼した。さらに世宗は人事を活用することにも優れており、身分が低くても能力がある者には役職を与えたのだ。しかし、その一方で、コネによって人事を歪めることを極端に嫌った。それについては、こんな話がある。
世宗が寵愛していた女性が、「私の兄に役職を与えてください」と頼み込んできた。本来なら願いをかなえてあげたいところなのだが、世宗はそれをはっきりと断り、以降はその女性を遠ざけてしまう。
さらに、世宗は側近たちの手を煩わせることもしなかった。
彼が病気になったとき、側近が「効能に優れている白い雄鶏、黄色い雌鳥、羊の肉を献上いたしましょう」と言ってきた。しかし、世宗は「我が国には羊がいないではないか。病気を治すためとはいえ、むやみに殺生してはならん」と断った。本当にとても優しい心を持った王だった。
(ページ2に続く)

世宗(セジョン)と正祖(チョンジョ)の実例!朝鮮王朝の王の食膳とは?

ハングルを作った世宗(セジョン)!朝鮮王朝全史4

名君・世宗(セジョン)の誕生!朝鮮王朝全史3

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

安平大君(アンピョンデグン)はどういう人物だったのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る