文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母(再読版)

 

11代王・中宗(チュンジョン)の治世は38年の長きに及んだが、晩年は病に苦しむようになった。そんな中宗を支えたのは、世子(後の12代王・仁宗〔インジョン〕)だった。世子は中宗の2番目の正室・章敬(チャンギョン)王后が産んだ長男。病弱だった章敬王后は世子を産んで6日後に亡くなり、中宗の3番目の正室となる文定(ムンジョン)王后が世子の継母になった。

写真=韓国MBC公式サイトより

 

王の後継者は長男

文定王后は継子の世子をうとましく思っていた。
決定的な出来事が起きる。1934年、文定王后が慶源(キョンウォン)大君を産んだのだ。しかし、朝鮮王朝では、「王の後継者は長男」が原則。慶源大君が王位に就ける可能性は低かった。




さらに、世子は幼い頃から聡明で礼節を尊ぶ性格。多くの人望を得ていたので失脚させることも難しかった。
だが、文定王后は世子の命を狙い始めた。
(ページ2に続く)

文定(ムンジョン)王后!強い野心を秘めた王妃

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!朝鮮王朝三大悪女の哀れな最期

文定(ムンジョン)王后に翻弄された明宗(ミョンジョン)!朝鮮王朝全史13

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る