英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日(再読版)

 

1735年に生まれた思悼世子(サドセジャ)は神童と呼ばれた。喜んだ父の英祖(ヨンジョ)は、思悼世子が10歳のときから政治の表舞台にデビューさせた。これがいけなかった。当時の主流派閥は老論派(ノロンパ)だったが、思悼世子は老論派を批判してしまったのだ。




老論派のたくらみ

英祖は思悼世子が14歳のときから政治を一部代行させた。それほど我が子の才能を買っていて、実践を通して帝王学を授けようとしたのだ。
警戒したのが老論派である。
思悼世子が老論派のことを好ましく思っていなかったからだ。
「思悼世子が即位したら我々は危ない」
老論派は危機感を持った。
そこで、思悼世子のことを悪意をもって英祖に伝えた。
最初はまったく信じなかった英祖なのだが、しだいに思悼世子のことに懐疑的になっていった。




とにかく、老論派は英祖に対して、成人後の思悼世子の素行が良くないということをしきりに報告した。
怪しい者たちと遊んだり、公務をさぼったり、服装が乱れたり……。
(ページ2に続く)

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第1回/老論派の陰謀〕

英祖(ヨンジョ)とイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の悲劇!

思悼世子(サドセジャ)とイ・サンの麗しき親子愛!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る