廃位後の光海君(クァンヘグン)一家の悲劇!

息子夫婦と妻

光海君の息子である世子(セジャ/国王の正式な後継者)は20代になっていたが、江華島に隔離された後、その境遇に我慢ならず逃亡を図った。さらには、再び王位を目指して反逆を企てていたことも発覚した。
この罪を問われて世子は死罪となった。その直後には、世子嬪(セジャビン/世子の妻)も自害している。




世子夫婦の死を聞いた廃妃(ペビ)・柳(ユ)氏は、悲しみのどん底に突き落とされてしまった。
彼女は、自らも王妃から転落したうえに最愛の息子を失い、もうこれ以上生きる気力を失った。
その末に、廃妃・柳氏は首を吊って命を絶った。
妻と息子夫婦を失った光海君。彼は、それでも生き延びようとした。
(ページ3に続く)

廃位となった光海君(クァンヘグン)!朝鮮王朝全史16

最大の屈辱で恥をかいた仁祖(インジョ)!朝鮮王朝全史17

光海君(クァンヘグン)と綾陽君(ヌンヤングン)と貞明(チョンミョン)公主

『華政(ファジョン)』解説!仁穆(インモク)王后に恨まれた光海君(クァンヘグン)

光海君(クァンヘグン)は暴君なのか?名君なのか?

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る