金万徳(キム・マンドク)!大ピンチの済州島を救った女商人

 

朝鮮半島の本土からはるかに離れた場所にある孤島・済州島(チェジュド)。古くから稲作が難しく米は大変貴重なものであった。島民たちは島の特産物を本土へ運んでは、米や最低限の生活必需品を買って生活していた。




生活に苦しんだ幼少期

済州島の港には常に本土との運搬船が停船していたが、本土と済州島の間の海域は荒く、転覆事故が後を絶たなかった。男たちを乗せた船が沈没を続けたからか、済州島では比較的女性が多く、人はいつからか「女の国」と呼ぶようになった。
21代王・英祖(ヨンジョ)の時代に金万徳(キム・マンドク)〔1724年~1812年〕は済州島で生を受けた。金万徳の父は済州島でも有数の商人であり、彼女は両親の愛を一身に浴びて幸せな幼少期を過ごした。
しかし、金万徳が11歳になった秋、商談に向かう父を乗せた商船が転覆事故を起こした。父はその商談に全財産を賭けたばかりか、多額の借金までしていた。残された家族は路頭に迷うようになった。




気丈だった母もショックで病に伏せるようになり、金万徳はたった1人の弟を連れて島中を駆けまわり、食料を分けてもらいながらなんとか暮らしていた。しかし、彼女の受難は続く……。
済州島全体が大凶作になり、金万徳に食料を分けてあげられる余裕のある人がいなくなった。日に日に苦しくなる生活。唯一の拠り所だった母も、父の後を追ってこの世を去ってしまった。両親を失った金万徳と弟は、別々の金持ちの家で下働きすることになった。(ページ2に続く)

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

『イ・サン』が描いた英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇とは?

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る