「悲劇の朝鮮王朝・三大世子(セジャ)」とは誰なのか?

 

世子(セジャ)と言えば、皇太子のことである。国王が死ねば次の国王になる王子たちであり、非常に重要な役割を担っていた。その世子の中で、3人の悲劇的な人たちを取り上げてみよう。




昭顕世子(ソヒョンセジャ)

朝鮮王朝では、世子はおおむね5歳くらいで指名され、10歳ほどで結婚することが多い。東宮(トングン)とも呼ばれており、実際に王宮の中で東側に住んでいた。
世子には専門の官庁が用意され、毎日の勉学を通して帝王学を授けられた。こうして、国王になる準備に励むのである。
必然的に、国王が死ねば世子が次の王になる。しかし、朝鮮王朝の長い歴史の中では世子でありながら国王になれずに世を去った人たちもかなりいる。その中で特に有名なのが3人の世子だった。
1人目は、16代王・仁祖(インジョ)の統治時代に世子だった昭顕世子(ソヒョンセジャ)である。
彼は中国大陸を制覇した清の人質となり、1637年から1645年まで清に連行されたままだった。




しかし、昭顕世子にとってそれは辛い生活ではなかった。むしろ、西洋の宣教師たちが多かった清で、様々な先進的な文明に触れて大いに感化された。彼は、自分が国王になったときには新しい文明を朝鮮半島に持ち込もうと考えていた。
そして、1645年に人質から解放されて母国に戻った。ところが、清に侵略されて屈辱を味わった仁祖は常に清に強い恨みを抱いていて、清を称賛する昭顕世子に対して不信感を強く持った。
帰国後の昭顕世子と仁祖は険悪な仲になり、わずか2カ月で昭顕世子は急死してしまった。一説によると、仁祖とその側室によって毒殺されたという。
もし、昭顕世子が王になっていれば、朝鮮王朝はどうであっただろうか。
先進の文明を取り入れて改革が成功したかもしれない。そういう意味では、大変惜しい急死であった。




2人目は、思悼世子(サドセジャ)である。
21代王・英祖(ヨンジョ)の息子であり、小さいころから神童と呼ばれるほど頭脳明晰だった。
しかし、当時の主流派閥だった老論派(ノロンパ)を批判したために、極度に老論派から警戒されてしまった。
思悼世子自身にも問題があり、素行が悪かった。側近に暴力を振るったり、側室を殺したりしたこともあった。こうした素行の悪さが老論派によってさらに歪められて英祖に報告された。
これによって、思悼世子と英祖の親子関係が極度に悪化した。最終的に思悼世子に王位を譲れないと考えた英祖が、息子に自害を命じた。




しかし、思悼世子はひたすら謝罪するばかりで自害しなかったので、英祖は米びつの中に息子を閉じこめてしまった。
結局、その中で餓死してしまった思悼世子。世子の無残な死は、朝鮮王朝の中でも最大の悲劇と言われている。
(ページ2に続く)

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の死!朝鮮王朝全史18

世子の「イ・ソン」と言えば思悼世子(サドセジャ)のこと!

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る