イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

予期せぬ死

初期の正祖は、社会問題となりつつあった天主教に対しては、柔軟に対処していた。しかし、天主教だった臣下の一人が、肉親が死んだときに天主教式の葬儀を行なったことが問題となった。
しかも、この一件は正祖が懸命に抑えていた派閥争いの新たな火種となりそうだった。それ以降、正祖は天主教を取り締まった。




ひたすら政治改革に邁進した正祖。父が党争の犠牲になったこともあり、派閥争いを憎み、王権を強化するために尽力した。しかし、改革もまだ半ばだった1800年、彼は48歳で予期せぬ死を迎えた。
自らの政治を完遂できなかっただけに、どんなに無念であったことだろうか。
なお、正祖は毒殺されたという噂もあるが、これを裏付ける確定的な史料はこれまでのところ発見されていない……。

文=慎 虎俊(シン ホジュン)

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

イ・サン(正祖)はどのようにして亡くなったのか

イ・サンは本当に毒殺されたのか

世子の「イ・ソン」と言えば思悼世子(サドセジャ)のこと!

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る