イ・サンは本当に毒殺されたのか

 

朝鮮王朝の22代王・正祖(チョンジョ)は、ハングルを創製した聖君・世宗(セジョン)と並ぶほどの名君と評価されている。何よりも、頭脳明晰で学者顔負けの博識だった。彼はドラマ『イ・サン』の主人公としてもよく知られている。

JxkdIO8uR_lqwRn1489644478_1489644508

ドラマになかった毒殺説

韓国で歴史好きな人は「正祖は毒殺されたのではないか?」と思っているのだが、ドラマ『イ・サン』では正祖の毒殺説がまったく出てこなかった。
それは、イ・ビョンフン監督の意向が優先されたからだ。物語の最後に正祖が毒殺される場面を持ってくると、ドラマ全体の印象が暗くなるので、あえてイ・ビョンフン監督は毒殺説に触れなかった。




しかし、現実的に正祖が毒殺された可能性はきわめて高い。
そのあたりの事情を見てみよう。(ページ2に続く)

正祖(チョンジョ)!命を狙われ続けた王

貞純(チョンスン)王后!思い通りに政治を牛耳った王妃

英祖(ヨンジョ)!一番長生きした国王

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る