思悼世子(サドセジャ)が餓死した後で妻の恵慶宮(ヘギョングン)はどうなった?

 

恵敬宮(ヘギョングン)は、21代王・英祖(ヨンジョ)の時代に領議政(ヨンイジョン/現在の総理大臣)を務めた洪鳳漢(ホン・ボンハン)の娘である。彼女は、思悼世子(サドセジャ)の妻としてどのように過ごしたのか。

陥れられた思悼世子

朝鮮王朝時代の王子は、現代と比べものにならないほど結婚が早かった。
思悼世子が9歳のときに、妻として迎えられた恵慶宮。彼女の夫である思悼世子は、21代王・英祖の二男である。
幼いころから聡明だった思悼世子は、10代半ばで政治の一部を担っていた。そのときに、当時の主流派閥であった老論派(ノロンパ)を厳しく批判してしまった。それによって思悼世子は老論派から警戒されようになった。




老論派の高官たちは、思悼世子の評価を落とすためにいろいろと工作を繰り返したが、その首謀者の1人は、恵慶宮の父親である洪鳳漢(ホン・ボンハン)であった。さらに、妻の実家にも思悼世子を批判する人が多かった。
老論派の者たちによって、思悼世子の素行の悪さが王である英祖に伝えられた。それを聞いた英祖は、息子を呼んで叱責する。そのことが原因で、2人の親子仲が険悪になってしまう。さらに、思悼世子は反乱の首謀者として疑われてしまう。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)の生涯1/なぜ思悼世子(サドセジャ)を餓死させたのか

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(21代王・英祖編)

英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

「イ・ソン」こと思悼世子(サドセジャ)の悲しい最期!

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る