『雲が描いた月明り』でイ・ヨンを助けた茶山(タサン)は丁若鏞(チョン・ヤギョン)!

 

『雲が描いた月明り』には、茶山(タサン)先生という人物が出てくる。何かとイ・ヨンを助ける頼もしい人なのだが、この人は史実では丁若鏞(チョン・ヤギョン)という大学者であった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

華城の建設に貢献

『雲が描いた月明り』で、茶山先生を演じたのはアン・ネサンである。彼は、時代劇なら本当におなじみの俳優で、『雲が描いた月明り』では朝鮮王朝史上で最高の実学者と言われている丁若鏞に扮していた。彼の号は茶山なので、ドラマでも茶山先生と呼ばれていた。果たして、どんな人物だったのだろうか。
生まれたのは1762年。頭脳明晰な人間で、早くからイ・サンこと正祖(チョンジョ)の統治時代に頭角を現し、出世街道を上っていった。




正祖は、非業の最期を遂げた父親の思悼世子(サドセジャ)の墓を水原(スウォン)に移し、さらに華城(ファソン)と呼ばれている城郭を作ったが、このときに当時とてもめずらしい起重機を作って、華城の建設に大変な貢献をしたのが丁若鏞であった。
とにかく朝鮮王朝の歴史に残る大人物であったのだが、1801年に失脚してしまう。それはなぜなのか。
正祖が1800年に亡くなった後、息子の純祖(スンジョ)が後を継いで23代王となったが、まだ10歳と若かったので悪名高き貞純(チョンスン)王后が代理聴政を行なった。(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

イ・ヨン(孝明世子)が主役の『雲が描いた月明り』は史実とどう違う?

〔話題〕イ・ヨン(孝明世子)に代表される世子(セジャ)とは何か?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る