廃位となった光海君(クァンヘグン)!朝鮮王朝全史16

内乱のきざし

仁祖は虚偽報告をした者たちを処罰しようとするが、臣下たちは徹底的に反発した。それだけでなく、李适を解雇して尋問すべきだとまで言うのだった。
「今回の問題が起こったのは、李适が信頼できない人物なのが原因です。そんな者に重大な任務を与えるのは間違っています」
「お前たちの言い分はわかった。しかし、李适をいま持ち場から離れさせるわけにはいかない。彼の息子を宮中に呼び出して話を聞くようにせよ」
仁祖の妥協案によって、李适の息子が召喚された。しかし、李适は自分を陥れようとする勢力に激しい怒りを燃やしていく。




「つまらん言い掛かりをつけてくるとは許せん!」
怒りにふるえた李适だったが、冷静になってからこう考えた。
「息子はおそらく拷問にかけられて、偽りの報告をさせられるだろう。そうなったら俺は
もうおしまいだ。それならば、いっそ……」
李适は反乱を決意すると、息子を連行しにきた役人たちを切り殺し、挙兵する準備を整
えていった。

文=慎 虎俊(シン・ホジュン)

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

光海君(クァンヘグン)を支えた金介屎(キム・ゲシ)/悪女たちの朝鮮王朝3

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る