仁宗(インジョン)を毒殺した文定(ムンジョン)王后!朝鮮王朝全史12

 

1544年、朝鮮王朝の11代王・中宗(チュンジョン)は臣下たちの権力争いに苦しめられていた。そうした気苦労は中宗の体調を悪化させた。病に倒れた中宗は、長男に王位を譲った翌日に亡くなった。

献身的な息子

中宗の長男が12代王の仁宗(インジョン)として即位した。29歳だった。
生まれつきからだが弱かった彼が王の座にあったのはわずか8カ月という短い期間だった。これは、朝鮮王朝27人の王の中でもっとも短い。
しかし、当時の人たちは仁宗を聖君と崇めた。それは、彼が儒教の教えをしっかり守り、家族を大事にしていたからだ。
仁宗は生まれて1週間ほどで母親の章敬(チャンギョン)王后を失った。その後、中宗の正室になったのが文定(ムンジョン)王后である。仁宗からすれば、継母に当たる。




中宗は、仁宗に対しては、優しさと厳しさを持って教育した。
そのことに感謝した仁宗は、中宗が病に伏せると、臣下たちを集めて「父上が食べる食事と薬は一度私に渡すように」と厳命した。毒見係を買って出たのである。
また、仁宗はどんなに寒くても毎日、冷たい水を浴びて中宗の回復を祈った。
「私がしていることは、無意味なことかもしれない。しかし、父のためにできることがあるなら、私はなんだってやってみたい」
しかし、仁宗の献身的な気持ちは実らなかった。(ページ2に続く)

王の毒殺に関わった文定(ムンジョン)王后/悪女たちの朝鮮王朝4

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る