朝鮮王朝の女官が所属した内命婦(ネミョンブ)とは?

 

どの王朝にもかならず裏を仕切る女官たちが存在し、厳しい権力闘争を繰り返してきた。日本では「大奥」、そして、朝鮮王朝では「内命婦(ネミョンブ)」である。朝鮮王朝の女官たちの組織をのぞいてみれば……。

儒教理念を土台とした女官制度

中国の歴代王朝も皇帝を頂点にしながら、その裏では世継ぎをめぐって正妻や側室の争いが絶えなかった。
それは、江戸時代の「大奥」も同じ。権力は男性が握っているとしても、それを裏で操るのは女性だった。その縮図は今も昔も変わらない。
もちろん、朝鮮王朝でも女官同士の激しい権力闘争があり、それが王朝の盛衰にも大きな影響を及ぼしてきた。




朝鮮王朝では日本の「大奥」にあたるものを「内命婦(ネミョンブ)」と称した。ここでは、儒教理念を土台とした女官制度が取り入れられていた。
モノを言うのは、なんといっても品階。これによって、身分と職種が決定された。名称を見ると、上の「一品」から下の「九品」まで9種類あり、それぞれに「正」と「従」に分かれていた。この場合、「正」のほうが序列が上に当たる。具体的にいうと、「正一品」から「従九品」まで18ランクの序列があった。(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)と貴人(キイン)・趙氏(チョシ)が捏造した毒アワビ事件!

光海君(クァンヘグン)を支えた金介屎(キム・ゲシ)/悪女たちの朝鮮王朝3

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る