光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

成功体験に酔いすぎた王

科挙といえば、朝鮮王朝でも一番重要な人材登用試験だった。つまり、その後1000年間も続く根幹の制度を光宗は958年に始めたのである。この業績は本当に大きい。
実際に科挙は高麗王朝でも効果を発揮した。優秀な人材が官僚として登用され、王権の安定に大いに寄与した。
それはそのまま地方豪族のさらなる弱体化を意味した。




「政治改革がこれほどうまくいくとは……。これで王朝も安泰だ」
栄光をほしいままにした光宗であったが、成功体験に酔ってしまったのかもしれない。その一方で、帰化人と新進官僚の優遇策に反感を持った既存の臣下たちの不満が高まっていった。彼らの中には王朝創設期の功労者が多かった。そういう人たちを軽視したのが光宗の失敗であった。
王朝に反旗を翻す人たちが次々に現れた。絶対権力に固執した光宗は、疑いのある臣下たちを捕らえて厳しく処罰した。
「いくら監獄を新たに作っても足りないくらいだ」
そんな言葉が交わされるほど、監獄には政治的な罪人があふれた。
光宗の苦悩は深まるばかりだった。その苦悩で自分を見失い、光宗は粛清を繰り返した。こうして治世の後半は血で塗られていった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

偉大な光宗(クァンジョン)!高麗王朝の基盤を作った4代王

光宗(クァンジョン)は果たして何をしたのか?

https://goo.gl/GRi2V8

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

https://goo.gl/X4tjs8

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

https://goo.gl/MTYUqe

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る