王建(ワン・ゴン)/三国高麗国王列伝7

第7回 高麗を創建した偉大な王

朝鮮半島を統一した新羅だが、長い政権の間に内政の腐敗を招き、各地で頻繁にクーデターが起こるようになった。その結果、後百済(フベクチェ)と後高句麗(フコグリョ)という国が生まれ、再び三国がてい立する後三国時代に突入した。この状況に終止符を打ったのが、後高句麗の武将・王建(ワン・ゴン)だった。彼はクーデターを起こし、自ら王に就任。新国家の高麗(コリョ)を建国した。

VdPTuVPMenLWgxA1502155047_1502155082

北方への侵攻

高麗という国号には、高句麗の後を継ぐという意味が込められている。
王建が最初に目指したのは、過去の高句麗の土地を領土にすることだった。彼は高句麗の首都だった平壌(ピョンヤン)を西京(ソギョン)と呼び、高麗の首都・開京(ケギョン)に次ぐ都市として重要視した。




王建は平壌に北方への侵攻拠点を築くと、1年のうち100日以上をそこで過ごし、北伐への機会を待った。当時、北方には渤海を滅ぼした契丹が国を構えており、高句麗の領土を独占する契丹を、王建はひどく毛嫌いしていたのだ。
そのため、高麗と国交を持とうとする契丹から使節30人とラクダ50匹が送られたときも、彼は使節を島流しにし、ラクダは橋に縛って飢え死にさせた。こうした対応は、中国大陸の国との関係も悪くさせ、後の蒙古の侵攻に繋がっていく。(ページ2に続く)

広開土大王(クァンゲトデワン)/三国高麗国王列伝1

近肖古王(クンチョゴワン)/三国高麗国王列伝3

善徳(ソンドク)女王/三国高麗国王列伝4

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る