歴史の闇を語る光海君(クァンヘグン)/朝鮮王朝劇場2

 

光海君(クァンヘグン)とは誰か?
生没年は1575年~1641年。14代王・宣祖(ソンジョ)の息子として生まれ、1608年に15代王として即位した。巧みな外交と減税政策で、王としての功績は大きかったのだが、1623年に仁祖(インジョ)が主導したクーデターによって王宮を追われ、1641年に流罪先の済州島(チェジュド)で世を去った。

光海君は1641年に済州島で亡くなったのだが……

光海君は1641年に済州島で亡くなったのだが……

油断がいけなかった

光海君に会った。
彼は、済州島(チェジュド)の朝天(チョチョン)の海辺で悠然と釣りをしていた。その姿は、国王であった当時の威厳をそのまま保っているかのようだった。そばに寄って「釣れていますか?」と尋ねたら、ゆっくりと首を振ってこう言った。
「魚をとるために釣りをしているわけではない。考えごとをするには、釣りが一番いいんだ」
その言葉を聞いて気になった。400年近くにわたって、いったい何を考えているというのだろうか。




「最近になって、あなたの評価がガラリと変わりました。暴君と呼ばれていたのに、今では名君だったという声すらあります」
そう声をかけると、ニコリと笑った。
「これもみんな時代劇のおかげだよ。特にイ・ビョンホンが主演した『王になった男』は、私のことをよく描いてくれていた。少しでも悪名を正すことができれば、こんなうれしいことはない」
「クーデターで王宮を追われていますから、そのことが悔やまれてならないでしょう」
「油断しすぎていたのがいけなかった。まさか、出来の悪い綾陽君(ヌンヤングン/後の16代王・仁祖)が、用意周到にクーデターを準備しているとは思わなかった」
そう言うと、光海君は小さな溜息をもらした。(ページ2に続く)

真相を語る張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝劇場1

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

金介屎(キム・ゲシ)!王に仕えた悪の女官

仁穆(インモク)王后!光海君への復讐に燃えた王妃

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る