真相を語る張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝劇場1

張禧嬪を告発した女性は?

張禧嬪は即座にこう答えた。
「私が、一番言いたいことをよく聞いてくれました。韓国の歴史では、私が呪詛によって大変な悪女だと思われているようですが、実際は全然違います。私は、絶対に呪詛はしていません。なぜならば、その必要がないからです。仁顕王后は、その時点で病床に伏せていたんです。私が呪詛をしなくても、いずれ亡くなってしまうことがわかりきっていました。しかも、私が産んだ世子(セジャ)は、次の王になる人なんです。呪詛をして私が処罰されたら世子の立場も危うくなります。それなのに、あえて呪詛をするわけがありませんよ」
張禧嬪の言葉には説得力があった。歴史書を調べても、張禧嬪には呪詛をする必要がなかったことは明白だった。
それなのに、張禧嬪が呪詛をしていたと粛宗に告発したのは、淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏だった。この名前を口にした途端、張禧嬪の顔が一気に曇った。




彼女は憤りを隠せないという口調でこう話した。
「淑嬪・崔氏は、今では『トンイ』という人気時代劇の主人公になって、だいぶ持てはやされているみたいですが、あのドラマと実際の彼女はまるで違います。淑嬪・崔氏が産んだ王子は次男だから、そのままでは王になれません。つまり、淑嬪・崔氏が自分の息子を絶対に王にしたいと思ったら、私を陰謀で陥れる必要があったのです。結果的に、彼女が私の呪詛を告発したけれど、それはでっち上げです。彼女は策略で私のことを告発しておいて、自分で呪詛物を埋めました。これが明白な事実であって、私がそれを埋めたわけではありません」
このように明快に語る張禧嬪。彼女の言い分にも一理ある。(ページ3に続く)

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

淑嬪・崔氏(スクビン・チェシ)!張禧嬪のライバル

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る