『王女の男』に登場する敬恵(キョンヘ)王女の生涯/後編

息子と娘の運命は?

4年目に還俗した敬恵王女は、息子と娘が連座制の罪から解かれることを切に願った。子供たちにはまだ、極刑となった父の罪が及んでいたのである。
世祖はその願いを受け入れた。その報を聞いて、敬恵王女は喜びの涙を流した。苦難多き彼女の人生の中で、それはようやく訪れた安堵の瞬間だった。
1468年、世祖は51歳で世を去った。その直後に、高官たちから敬恵王女の子供を処罰すべきだという上訴が起きた。
しかし、世祖の後を継いだ8代王・睿宗(イェジョン)は、処罰を絶対に許さなかった。それは世祖から託されていたことでもあった。
この睿宗は在位わずか1年で急死した。後継の9代王には12歳の成宗(ソンジョン)が就いた。年少だったので、貞熹王后が垂簾聴政(摂政)を行なった。




当時の法によれば、大逆罪に問われた者の息子は15歳のときに死刑に処されることになっていた。そして、敬恵王女の息子がまさに15歳になろうとしていた。その機をとらえて、高官の間から再び「処刑すべし」という上訴があった。しかし、成宗は祖父である世祖の意思を根拠にして、それを許可しなかった。
垂簾聴政をしていた貞熹王后も同じ意見だった。
「今後、同じような上訴をした者は厳罰に処する」
貞熹王后はそう言って、敬恵王女の子供に罪がないことを明確にした。
そればかりか、貞熹王后は、敬恵王女の息子の鄭眉寿にりっぱな役職を与えて、その後見人となった。そのことを見届けてから、敬恵王女は38歳で亡くなった。
後に鄭眉寿は官僚として大いに出世を果たし、妹も良家に嫁いだ。敬恵王女の子供たちは、母親の願いどおりに幸せな人生を送ったのだ。
(終わり)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『王女の男』に登場する敬恵(キョンヘ)王女の生涯/前編

『王女の男』に登場する敬恵(キョンヘ)王女の生涯/中編

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

世祖(セジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝9

文宗(ムンジョン)の不覚!朝鮮王朝の重大な事件簿8

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る