朝鮮王朝で迫害された仏教はその後も根強く残った

 

古代の三国時代から朝鮮半島では仏教が根づいていたのに、朝鮮王朝の建国後は迫害を受け続けた。現在の韓国でも仏教寺院が山中に多く存在しているのは、朝鮮王朝時代に次々と市中から追放されたなごりである。そういう意味では、高麗王朝時代とは別世界のようになってしまった。

IAEfALdSwaLLVQy1499310055_1499310088

 

仏教から儒教に転換

高麗王朝を建国した王建(ワン・ゴン)が遺訓の中で「仏教を手厚く保護すること」を強調していたほどで、高麗の歴代王は王建の教えをしっかり守って仏教を優遇した。
その結果、広大な私有財産を所有した仏教寺院は権力を持ち、なにかというと政治に介入して国政の混乱を招いた。また、僧侶たちの腐敗も顕著になって庶民の信頼を失ってしまった。




その反省から、1392年に建国された朝鮮王朝は、国教を仏教から儒教に変えた。
そもそも王宮の景福宮(キョンボックン)を建設するときも、その正門の位置を南向きにするか東向きにするか議論が分かれたが、初代王・太祖(テジョ)は仏僧が主張した「東向き」を採用せず、儒学者が勧めた「南向き」に決めた。これが、人々に仏教の時代が去ったことを実感させた。
以後、朝鮮王朝では仏教に対する迫害が年を追うごとに厳しくなり、僧侶たちは市中をまともに歩けないほどであった。(ページ2に続く)

朝鮮王朝の国王で長寿あるいは短命だったのは誰か?

人生を左右する科挙にも不正が多かった

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る