『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典11「朝鮮王朝時代の女性の服装」

 

韓国時代劇を見ていて、とても目立つのが朝鮮王朝時代の女性の服装だ。当時は、身分によって着る服にも様々な制限あった。ここでは、韓国時代劇によく出てくる4つの服装を紹介しよう。

翟衣(チョグィ)

翟衣(チョグィ)

華麗なる翟衣(チョグィ)

〔翟衣(チョグィ)〕
朝鮮王朝時代の後期に登場した王妃の大礼服が翟衣である。この衣装には、154対のキジの文様が金で刺繍されている。
なぜ、キジを使ったのか。それは、夫婦が老いるまで仲睦まじい姿を象徴する鳥だったからだ。




また、翟衣では、襟と袖口に龍が飛び立つ姿を描いた雲竜紋がよく刺繍されていた。
なお、翟衣の着用時には、華麗な装飾をほどこされた「大首(テス)」という付け髪を使用した。(ページ2に続く)

『オクニョ』が描くのはどんな時代?

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典9〔朝鮮王朝時代の女性の髪型〕

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典10〔朝鮮王朝時代の男性の冠〕

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る