『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典2「朝鮮王朝の身分制度」

常民と賤民

中人の下になるのが常民だ。他にも、常人(サンイン)や良人(ヤンイン)とも呼ばれた。あるいは、百姓(ペクソン)という言い方もあった。この場合の百姓は「民衆」を意味していた。
常民は、主に農業、工業、商業を行なう人々だ。そういう意味では、身分制度の中で圧倒的に人数が多かった。この人たちが「民衆」を形成していたと言える。
さらに、常民の下に位置づけられた身分が賤民だ。




奴婢、妓生(キセン)、芸人、巫女などが該当する。また、朝鮮王朝は仏教を排斥したので、僧侶も賤民に属する場合があった。
賤民はとても苦しい生活を強いられた。特に、奴婢の子として生まれた人は死ぬまで奴婢のままなので、その境遇から抜け出す手段がなかった。
ただし、賤民の女性が妓生となって、裕福な男性に目をかけられて裕福な暮らしを送れる例がわずかにあった。たとえば、あの鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)がそうであったように……。
いずれにしても、朝鮮王朝の人々は厳しい身分制度によって、官職、納税、軍役、刑罰の面で著しい差別を受け、服装、住まい、婚姻などでも制限を受けたのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典3「朝鮮王朝の儒教」

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る