『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典2「朝鮮王朝の身分制度」

 

『オクニョ 運命の女(ひと)』に登場する鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)。彼女はもともと奴婢(ぬひ)だった。つまり、最下層の出身だったのだが、文定(ムンジョン)王后の弟の尹元衡(ユン・ウォニョン)の妾になって宮中でも高い地位についた。身分制度を突き抜けるような出世を果たしたのだ。そうした例を頭に入れながら、朝鮮王朝時代の身分制度について考えてみよう。

315

国王を頂点とする中央集権国家

朝鮮王朝時代は儒教を国教にした。
儒教には、人間の序列を容認するところがある。つまり、人間を平等に見るのではなく、身分の違いを認める思想があるのだ。それによって、朝鮮王朝時代にも厳格な身分制度が採用された。




身分制度のトップは王族。これは別格だ。中でも、国王は全土を統治する唯一の存在だった。そういう意味で、朝鮮王朝は国王を頂点とする中央集権国家と位置づけることができる。(ページ2に続く)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典3「朝鮮王朝の儒教」

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

文定(ムンジョン)王后!仁宗(インジョン)を毒殺した(?)冷血な継母

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る