仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

険悪となった親子関係

1645年、昭顕が清から解放されて漢陽(ハニャン/現在のソウル)に帰ってきた。その場にいた誰もが親子の感動的な再会を予想していただろう。しかし、清の文化のすばらしさなどを意気揚揚と語る昭顕の姿に、仁祖は機嫌を悪くした。
昭顕は、そのわずか2カ月後に世を去ってしまう。これについてはいろいろな説があるが、中でも一番有力なのは、仁祖による毒殺説だ。昭顕は、長男で後継ぎとなる世子(セジャ)の立場だったが、仁祖は彼を冷遇して葬儀を簡単に済ませてしまった。
しかも、仁祖は新たな世子を選ぶ際に、昭顕の長男を指名するのが原則なのに、自分の息子で二男の鳳林を指名した。その後、昭顕を支持する勢力が一掃されはじめた。




その影響は、昭顕の妻である姜(カン)氏にも及ぶ。彼女は、アワビを使った料理に毒を入れて王を殺害しようとした罪に問われて、1646年に死罪となる。
それから1年後の1647年、昭顕の息子3人は済州島へと流されてしまい、そのうちの2人は疑惑を持たれるような死に方をしている。
どう考えても、仁祖が長男一家を滅ぼしたとしか言いようがない。
その仁祖は、鳳林や大臣たちに見守られながら1649年に54歳で世を去った。
仁祖というのは死後に贈られた尊号だが、この「祖」は何か功績を残した王に付けられる。しかし、仁祖が生存中にやったことは、どうみても「祖」が付くような立派なことではないと思うのだが……。

文=康 大地(コウ ダイチ)

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る