仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

異国の文化にかぶれた昭顕

清との戦いに敗れた仁祖は、清が明を攻める際に支援することを約束させられたうえに、多額の賠償金を取られてしまった。さらに、自分の息子である長男の昭顕(ソヒョン)と二男の鳳林(ポン二ム)が、人質として清に連れていかれた。




愛する息子たちとの別れを嘆いた仁祖だが、そう嘆いてばかりもいられなかった。大きな恥を晒した王は、民衆から怨みの言葉を投げつけられて見放されてしまった。その姿は、クーデターを成功させて戦略性と統率力を見せた仁祖とは思えなかった。
大事な息子を人質に取られた仁祖は清を強く憎んだ。その一方で、人質となった昭顕は、清で長く生活したことで、異国の文化にかぶれてしまった。その昭顕の行動は仁祖の耳にしっかりと届いていた。(ページ4に続く)

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

ページ:
1 2

3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る