元敬〔ウォンギョン〕王后!正室として夫を支えた王妃

元敬王后の一族に起きた悲劇

太宗が元敬王后を冷遇した理由は、「王朝を存続させるためには、外戚の力を弱める必要がある」と思っていたからだ。その対象になったのが元敬王后の実家である。太宗は、元敬王后の兄弟たちが大出世を果たしたことを脅威に感じていた。そのため、彼は1410年に王妃の兄2人と弟2人を処刑して、元敬王后の実家を没落させてしまった。
そのような悲劇を受けて、立ち直れないほど落ち込んだ元敬王后は、太宗に激しい憎しみを抱いた。
太宗の側近たちは元敬王后の廃妃を主張したが、彼は息子を4人も産んでくれたことや王になる過程で自分を支えてくれたことを高く評価していた。




元敬王后が産んだ息子は、長男の譲寧(ヤンニョン)大君、二男の孝寧(ヒョニョン)大君、三男の忠寧(チュンニョン)大君、四男の誠寧(ソンニョン)大君だ。
朝鮮王朝には「王の後継者は長男がなる」という決まりがあった。そのため、長男の譲寧が王の後継者に指名されるが、彼は頻繁に宮殿を抜け出すなどの行為を繰り返して後継者の座を剥奪されてしまう。さらに、二男の孝寧も僧侶となることで後継者の座を辞退した。それにより、幼いころからずっと本ばかり読んでいた聡明な三男の忠寧が王の後継者となった。(ページ3に続く)

イ・バンウォン/李芳遠は妻の元敬(ウォンギョン)王后の一族を滅ぼした

イ・バンウォン/李芳遠はどんな人物だったのか?

イ・バンウォン/李芳遠は継母の神徳(シンドク)王后を一番憎んだ!

元敬王后(ウォンギョンワンフ)の悲しみ!朝鮮王朝王妃側室物語2

https://goo.gl/xu2KMi

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る