イ・バンウォン/李芳遠はどんな人物だったのか?

 

1392年に朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)。彼が初代王になる過程で、政敵の排除などで一番貢献した息子が五男の李芳遠(イ・バンウォン)だった。しかし、李成桂が後継者に指名したのは異母弟だった。

写真=韓国SBS『六龍が飛ぶ』公式サイトより

第一次王子の乱

李成桂(イ・ソンゲ)には合計で8人の息子がいた。
第一夫人である神懿(シヌィ)王后との間に6人の息子がいた。上から、芳雨(バンウ)、芳果(バングァ)、芳毅(バンイ)、芳幹(バンガン)、芳遠(バンウォン)、芳衍(バンヨン)である。
そして、第二夫人の神徳(シンドク)王后との間に、七男の芳蕃(バンボン)と八男の芳碩(バンソク)がいた。
8人の息子たちの中で、一番実力があったのが李芳遠(イ・バンウォン)だった。李成桂が新しい王朝を建国するうえで李芳遠の活躍が目覚しかった。




「父上もわかってくれているだろう。後継ぎとして準備をしておかなければ……」
李芳遠はそう自覚していたが、思惑は大きく外れてしまった。李成桂は、第二夫人の神徳(シンドク)王后との間に生まれた八男の芳碩(バンソク)を後継ぎに指名したのだ。この決定に、李芳遠は激しい怒りを抱いた。
「兄上たちならばまだ納得できるが、なんの功績も残していない芳碩が後継者になるなんて許せない」
李芳遠は、芳碩を擁護していた高官の鄭道伝(チョン・ドジョン/朝鮮王朝の基盤を作ったとも称される功労者)を1398年に殺害し、次に異母弟の芳蕃と芳碩の命を奪った。こうして、後継ぎの座をめぐって王子たちが殺しあった「第一次王子の乱」は李芳遠の勝利で終わった。(ページ2に続く)

イ・ソンゲ/李成桂は、どんな人物だったのか?

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)はどのように亡くなったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る