文定(ムンジョン)王后!強い野心を秘めた王妃

権力を握った文定王后

日に日に体調を悪化させていく仁宗。その後も病状が回復することはなかった。一方の文定王后は、王が大変な状態だというのに、見舞いもせずに外出騒ぎを起こして、臣下たちを混乱させた。
1545年7月、仁宗が世を去った。彼の死に関してある1つの可能性がある。それは、仁宗が文定王后に毒殺されたのではないかということだ。




空席となった王の座だが、彼には息子がいなかったため、文定王后の息子である慶源大君が13代王・明宗(ミョンジョン)として即位した。ついに、自分の息子を王にすることができた彼女は、仁宗の葬儀を王のものとは思えないくらい簡単にすませてしまう。
新たな王となった明宗だが、彼はまだ11歳と幼かったため、母親である文定王后が摂政を行ない、幼い王の代わりに政治を仕切った。これが大変な悪政で、餓死した民も多かった。絶対になってはいけない人が「女帝」になってしまったのである。

文=康 大地【コウ ダイチ】
提供=「ロコレ」

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る