要点でまとめた朝鮮王朝518年の歴史(前編)

 

朝鮮(チョソン)王朝は1392年に建国されて1910年まで続いた。なんと518年に及ぶ長い王朝で、日本でいえば室町時代から明治時代まで存続した。なぜこれほど長期にわたって政権を維持できたのか。

dscf7541

ソウル中心部にある世宗の銅像

典型的な中央集権国家

長い王朝を維持できた要因はいくつかあるが、大きいのは早期に王権を確立できたことだ。初代王から4代王までの約50年間に王朝の基盤が整備され、王の権限が朝鮮半島の隅々まで行き渡る制度が機能するようになった。これが安定的な内政につながったのである。
また、統治のための官僚制度が中央から地方に至るまで組織化されたことも有利だった。王朝にとって一番恐いのは地方豪族の反乱だったのだが、この点でも官僚制度が有効に機能して内乱の芽がつまれていった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る