英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第5回/不可解な生母の意図〕

朝鮮王朝の王統を守るため

息子の死が確認された当日に英祖は冷静だった。
しかも、罪人扱いしていたのに、死が確認されるとすぐに“思悼世子”という諡を贈っている。
これは“世子を思い、その死を悼〔いた〕む”という意味だが、ここまでりっぱな諡を用意しているくらいなら、なぜ息子の命を救わなかったのか。
英祖にしてみれば、朝鮮王朝の王統を守るためにやむをえなかったという気持ちが強かったかもしれない。




朝鮮王朝の歴代王の中では10代王・燕山君(ヨンサングン)と15代王・光海君(クァンヘグン)という2人の王がクーデターによって追放されているが、思悼世子もそこに名を連ねないようにするために、あえて英祖は泣いて思悼世子を死に至らしめたという見方もできる。
あまりに手回しよく“思悼世子”という諡を用意しているところに、英祖のただならぬ決意を感じ取ってしまう。(ページ3に続く)

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る